トリキュラーの効果は避妊だけじゃない!生理・ニキビへの効果もあり

トリキュラーの効果は避妊だけじゃない!生理・ニキビへの効果もあり

トリキュラーの様々な効果を解説!

トリキュラーは避妊だけでなく、月経に伴うさまざまな問題を解消する効果があります。

トリキュラーには黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれており、飲めば妊娠時に近いホルモンバランス状態になり、月経が止まります。

黄体ホルモンには子宮内膜の増殖を抑える働きがあります。ホルモンバランスがとられているときには、子宮内膜は薄いままです。そのため、子宮内膜症の痛みや月経痛が抑えられます。

トリキュラーは、毎日決まった順番で、決まった量を飲むことが重要です。そうすることで、2つの女性ホルモンは、体内で高い濃度で維持されます。

トリキュラーを飲んでいる場合、休薬期間になりホルモンバランスが変化したときに月経が起きます。

トリキュラーの飲み続ける期間を増減することで、生理が起こる日を調整することも可能です。

月経前にいらつきや不安、頭痛が起こるPMSは、ホルモンバランスの乱れによって自律神経に大きな変調が起きることが原因です。

トリキュラーによって黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補充してホルモンバランスを整えることで、PMSも改善することができます。

トリキュラーはニキビにも効く?

トリキュラーによって女性ホルモンが増えれば、肌にとって厄介者であるニキビの発生を抑えることができます。

女性の身体にも、男性ホルモンの「テストステロン」は存在します。テストステロンは皮脂の分泌をもたらす物質です。副腎などで作れており、普段は女性ホルモンのエストロゲンによってその働きは抑えられています。

しかし、月経や閉経でエストロゲンの量が減ると、テストステロンが優位になり、肌荒れ、ニキビなどが起こりやすくなるのです。

トリキュラーを服用すると、エストロゲンが補充され、テストステロンが抑制されることで、症状が改善されます。

トリキュラーは低用量ピルの中でも第二世代にあたり、黄体ホルモン製剤のレボノルゲストレルという成分が使われています。

レボノルゲストレルはテストステロンの働きを活性化させる働きがあるため、ニキビを解消する効果は薄まります。

第三世代、第四世代の低用量ピルであれば、黄体ホルモンが変わります。

それはレボノルゲストレルよりもテストステロンを活性化させる力が弱いので、美肌効果が高いです。

トリキュラーの避妊効果はいつからでる?

トリキュラーは、生理が始まってから5日以内の服用であれば、高い避妊効果を得ることができます。

というのも、生理が始まってから正常な排卵が行われるまでの期間は14日あります。そしてトリキュラーの服用初日から、卵巣が眠るまでにはおよそ7日間を要します。

生理初日からの服用の場合、8日目に卵巣が眠り排卵が行われなくなります。

このように、確実な避妊効果は服用8日目に得ることができます。

服用初日から8日目までに性行為をしてたとしても、精子の寿命は3日から4日程度なので、次の排卵で受精することはありません。

それから飲み忘れが起きたとしても、24時間以内であれば、すぐに飲めば問題ありません。5日目以内であれば、同様の避妊効果を得られますが、5日目をすぎると、服用8日目が排卵日に近くなります。

計算では正常な排卵は起きませんが、人間の体は機械仕掛けではありませせんから、予定よりも早い排卵日がきてもおかしくはありません。そうすると、排卵が予定よりも早く来て妊娠する可能性が出てきます。

飲み始めるタイミングが遅れたときには、トリキュラーだけを頼りに避妊をするのではなく、他の方法でも避妊をしておくべきです。