効果は同じ?トリキュラーとアンジュについて解説!

効果は同じ?トリキュラーとアンジュについて解説!

トリキュラーとアンジュは同じ有効成分の薬

低用量ピルの「トリキュラー」と「アンジュ」は、製品名や製造元が異なるだけで、錠剤に含まれている有効成分はどちらも同じです。

これら2種類の低用量ピルは、ともに第二世代に分類されます。レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤と、エチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモン剤が含まれています。

また、3相性のピルで、飲む時期によって体内に投与されるホルモンの量が変わるのも一緒です。

したがって、投与後身体にあらわれる効果や副作用も理論上は変わりません。

用法と用量を正しく守って服用をしていれば、ほぼ100%に近い確率で望まない妊娠を回避することができます。

さらに、トリキュラーとアンジュは錠剤の色も全て同じです。

このように、トリキュラーとアンジュには共通している点が多いため、一方の製品からもう一方の製品への切り替えも容易に行うことができます。

トリキュラーとアンジュは何が違う?

トリキュラーとアンジュはどちらも厚生労働省から承認を受けた上で製造と販売が行われている製品です。製造・販売している製薬会社がそれぞれ異なります。

トリキュラーは、1976年にドイツのシエーリング社によって開発されました。2006年にバイエル社と経営統合した後はバイエル製の医薬品として販売されています。

日本では1987年からシエーリング社の日本法人によって開発がはじまり、1999年に避妊薬として承認を受けて販売を開始しました。日本製のトリキュラーも、現在はバイエル社の日本法人が発売元になっています。

アンジュは、帝国臓器製薬という日本の企業によって開発され、トリキュラーとほぼ同じ時期に避妊薬として認可されました。

2005年に帝国臓器製薬が別の製薬会社と合併して「あすか製薬」となってからは、このメーカーが製造と販売を行っています。

また、トリキュラーとアンジュでは、正規品の販売価格が異なっています。

現在の両製品の税抜価格はアンジュが2,000円前後、トリキュラーがこれより少し高い2,100円程度が相場です。

100円ほどの差しかありませんが、できるだけ安く低用量ピルを手に入れたい場合は値段にも着目しておきましょう。

トリキュラーからアンジュを切り替えるメリットとデメリットは?

トリキュラーとアンジュは錠剤に含まれているレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの量が同じです。そのため、飲み方や得られる避妊効果、起こりうる副作用なども変わりません。

このため、理論上ではトリキュラーからアンジュへ切り替える行為は容易であるものの、メリットもデメリットもありません。

しかし、アンジュの方がトリキュラーと比べて価格が安くなっていることから、変更することで避妊にかける費用を若干抑えることができます。

人によってはトリキュラーからアンジュに変更することで副作用が緩和される可能性があります。トリキュラーとの相性が良くないと感じている人は、アンジュへの変更を検討してみましょう。

切り替えは簡単で、変更前に服用していたトリキュラーが21錠タイプであれば、休薬期間があけたときにアンジュを飲みましょう。28錠タイプであればシートの錠剤をすべて飲み終えた翌日からアンジュの服用を開始すれば良いだけです。

重要なのは前のピルから続けて飲むということです。これを忘れてしまうと、避妊効果が十分にあらわれない状態になる可能性があるので注意しましょう。