トリキュラーの主な効果は避妊

トリキュラーの主な効果は避妊

トリキュラーが排卵を抑えることで避妊に効果がある

トリキュラーは高い避妊効果のある薬ですが、それは排卵を抑制するためです。

低用量ピルが入った薬で、毎日少量の女性ホルモンを飲むことで、身体が妊娠しているときと同じ状態になります。脳が妊娠していると勘違いすることで排卵が起こらなくなるのです。

妊娠中は、体の中に受精卵が着床した状態で、それ以上卵子が出ることはなくなります。卵子というのはいきなり排出されるのではなく、卵胞ホルモンが分泌されることで起こります。

女性の体には卵胞ホルモンだけでなく黄体ホルモンというものもあり、2種類のホルモンが月経周期に合わせて分泌されています。

ですが、トリキュラーを飲むことで体の中には常に一定の女性ホルモンがあります。脳は体が妊娠していると思い込み、ホルモンの分泌を止めます。もし、この状態で性行為をして精子が入ったとしても、排卵されていないので受精することはありません。

そのため、高い避妊効果を持つことが分かっています。

卵子がなければ、いくら精子が体内に入ってきても受精せず、その結果妊娠もしないということです。

飲み続けることでこの効果を維持することができるのが特徴です。

トリキュラーには精子の侵入や受精卵の着床を邪魔する効果がある

トリキュラーは、排卵を抑えるだけでなく、精子の侵入を防ぐ効果もあります。

低用量ピルを飲むと、子宮頸管粘液の粘度が上がり、精子が子宮に入りにくくなるからです。

飲み忘れなどで排卵された状態だと、妊娠の危険性が高まりますが、そのようなときでも妊娠の可能性を低くすることができます。

トリキュラーを飲むことで子宮内膜の増殖が止まります。

妊娠するためには受精卵が子宮内膜に着床する必要があります。ピルを飲まなければフカフカのベッドのような状態で受精卵が着床しやすくしますが、ピルを飲むと内膜が増殖しないために着床しなくなります。

このように、トリキュラーは受精だけでなく着床も防ぐことで避妊をすることができます。

精子が侵入できなければ受精は起こらず、子宮内膜が厚くなければ受精卵が着床することはありません。

子宮内膜は、妊娠しなければ生理となって体外に排出されます。

生理中は精神的に不安定になりがちですが、これはホルモンバランスの急激な変化によるものです。

トリキュラーで体内のバランスが一定になっていると、イライラしにくい状態になるというメリットもあります。

トリキュラーの避妊成功率は?

トリキュラーは高い避妊効果を発揮しており、正しく飲んだ場合の避妊成功率は99%といわれています。コンドームの成功率が80%ほどといわれているので、いかに高い数字であるかが分かります。

ただ、正しく飲むというのが非常に大切になります。

トリキュラーを飲めばすぐに妊娠しなくなるのではないので注意が必要です。飲み始めてから7日間の場合はまだホルモンの量が足りていないので、妊娠の可能性があります。

ただ、生理初日から飲み始めた場合はその日から効果を発揮することができます。

実際に服用しているのに失敗してしまったという例のほとんどは、飲み忘れによるものです。

1度飲み忘れてしまったからといってすぐに妊娠するわけではありません。ただし、体内のホルモン量が低下するので、身体が妊娠の準備をはじめてしまう恐れがあります。

飲む時間はいつでも構わないので、起床時や寝る前など、飲む時間を決めるとよいでしょう。