トリキュラーとマーベロンの違いは?

トリキュラーとマーベロンの違いは?

トリキュラーとマーベロンの違い、それぞれのメリットや切り替えについて解説

トリキュラーは第2世代3相性のピルで、日本においては1番処方されている万能型の低用量ピルです。

男性ホルモンの作用が強い、黄体ホルモン製剤レボノルゲストレルの問題を解消する為に、3段階で使用するように作られているのが特徴です。

一方のマーベロンは第3世代1相性に分類される薬で、トリキュラーと比べて成分の配合量が少なめなのが大きな違いです。

第3世代というだけあって、低用量ピルの機能を保ちつつ、ニキビの治療薬としての効果にも期待できます。

トリキュラーのメリットは、既に日本国内で豊富な実績を誇り、安全性や有効性が認められていることです。

また、自然の流れで生理を調整できますから、不正出血などの心配が少ないのが魅力です。飲み始めに多少気になる症状はあるとしても、飲み続けることによっていずれ落ち着きます。

マーベロンはやはり、ニキビの治療に使えるのが大きな特長です。

トリキュラーからマーベロンへの切り替えは、ニキビが気になる時に検討に値すると考えられます。

その逆に、不正出血が気になる場合に、代替候補の低用量ピルとして、実績が豊富なトリキュラーが筆頭候補になり得ます。

トリキュラーとマーベロン、どっちがいい?

トリキュラーとマーベロンは、どちらも優れている低用量ピルで、値段は処方を行うクリニックによりますが、同等の価格に設定されていることが多いです。

ニキビに対する効果は、トリキュラーよりもマーベロンが一枚上手なので、こちらの方が候補の順位は上がるでしょう。

反対に、ニキビの悩みや治療の目的がなければ、効果よりも副作用の大小や薬との相性で選ぶことになります。

不正出血が心配な人は、そのリスクが小さく優れたトリキュラーがマッチする可能性が高いです。

逆に頭痛や吐き気などを嫌う場合は、これらの副作用が表れにくいマーベロンが狙い目です。

ただし、むくみが生じやすい副作用はあるので、その点は念頭に置いておく必要があります。

どちらの低用量ピルがよいか、自分に合う方を選択するのがポイントとなります。

新しい世代の方が良い、あるいは旧世代だから劣るというわけではなく、それぞれに強みや魅力が備わります。

言い換えると、新世代は改良が加えられた魅力、旧世代は実績や独自の良さがありますから、複数の項目で比較して選ぶのがベストです。

トリキュラーからマーベロンに切り替えるには?

トリキュラーからマーベロンへは、シートの錠剤を全て飲みきり、所定の休薬期間を挟んでから切り替えます。

服用している低用量ピルが身体に合わない、もしくは不正出血が気になる時など、必要に応じて行うことができます。

低用量ピルの服用中に急に切り替えると、避妊効果の低下や副作用のリスク上昇があるので要注意です。

トリキュラーは不正出血の少なさが強みですが、それでも完全ではないので、身体との相性によっては発生します。

またニキビが気になって解消したい場合は、ニキビ治療に期待が持てるマーベロンが有力な代替候補になります。

切り替え方法はやはり、21錠なら21錠、28錠なら28錠を飲みきってからマーベロンに変更を行います。

シートの途中で無理に替えたり、休薬期間を飛ばすのはリスクが高いので、通常通りシートを飲みきってから替えましょう。

身体に合わないと、早く替えたくなるものですが、しかし無理な変更は禁物です。

安全に替えてこそ低用量ピルの効果が発揮されるので、強引に替えてしまえば本来の効果が得られず本末転倒です。

ルールは決して難しくありませんし、誰でも失敗せずに行えますから、必ずルールを守ってトリキュラーからマーベロンに替えることが肝心です。