トリキュラーを飲み忘れたときの対処法

トリキュラーを飲み忘れたときの対処法

トリキュラーを1日・2日飲み忘れたケースの対処法を解説

トリキュラーを飲み忘れてしまった場合、1日であればカバーすることができます。いつも服用している12時間以内であれば、飲み忘れに気付いた時点ですぐに1錠服用してください。

それを忘れた日の分として扱い、次からは通常通り飲み続けても大丈夫です。

12時間を経過している場合は、次の日に飲むタイミングに合わせて2錠服用します。

12時間以上の間を空けてしまうと十分な効果が期待できないため、性交渉を控えたり別の避妊方法と組み合わせたりするなどの対策が求められます。

もし2日以上連続で飲み忘れてしまった場合は、12時間以上空けた時よりもさらに妊娠してしまう可能性は高くなります。

3週目にその状態になってしまった場合は、服用を中断し、次の周期を待った方が良いでしょう。

偽薬の飲み忘れは避妊には影響しないので、その日の分は廃棄してしまいましょう。

トリキュラーの飲み忘れで飲み続けることができるのは、2日までが限界です。

それでも満足な効果が期待できないため、もし3日以上の期間で連続した飲み忘れがあった時は異なる対処方法が必要です。

トリキュラーを3日以上飲み忘れたケースの対処法を解説

トリキュラーは高い避妊効果を発揮できる薬ですが、それは21日間欠かさず服用をした場合の話です。

できる限り飲み忘れを防ぐ必要があります。

3日以上飲み忘れた場合は、トリキュラーを使ったその周期での避妊は諦めなければなりません。4日目から服用を再開しても、効果はほとんどないと考えてよいでしょう。

また1つのシートで1つの周期を賄っているため、そのシートは破棄しなければなりません。

効果を発揮する流れが狂ってしまうので、途中から飲み始めるということは絶対に止めてください。

次の消退出血までは服用を止めましょう。その間は別の避妊法を選ぶか、性行為を控えましょう。

しっかりと生理が来たことを確認出来たら、新しいシートを使って服用を再開します。

7日間の休薬期間から次の周期の飲み始めのタイミングで忘れでも、同様の対処が必要です。

その時点で服用が無意味になってしまうので、連続した服用よりもさらに注意をしながらしっかりと始めるように心掛けましょう。

意識しておかないと飲み忘れてしまいそうな人は、別方向からのアプローチでの対策が必要です。

トリキュラーの飲み忘れ対処法を解説!

トリキュラーの飲み忘れを防ぐために、カレンダーや手帳に何かしらの記入をしておくと良いでしょう。スマートフォンのリマインダーアプリを使用すれば、通知によって知ることも可能です。

決まった時間帯での服用を長期間続けていると、やがて習慣づき、飲み忘れることもなくなるでしょう。

またトリキュラーには21と28という、それぞれシートに入っている錠剤が異なる2つのタイプが用意されています。

28錠タイプには7日間の休止時にも服用するプラセボ錠がセットになっているのが特徴です。

プラセボ錠剤は避妊に対する有効成分は含まれておらず、でんぷんやブドウ糖といった身体に特に影響のない成分で作られています。

21日間の服用を続けた後にプラセボ錠を飲み続けることで、薬を飲む習慣を継続します。そうすることで、休薬期間明けに飲み忘れるリスクが下がるのです。

休薬期間明けの飲み忘れが心配な人は、28錠タイプを使うとよいでしょう。