トリキュラーの副作用・太る?鬱になる?

トリキュラーの副作用・太る?鬱になる?

トリキュラーで起こるといわれる副作用

トリキュラーにはおりものや不正出血の他にも、血栓症や吐き気、頭痛などの副作用があります。

トリキュラーを服用すると体内のホルモンバランスが妊娠中と同じ状態になります。そのため、服用中につわりに似た症状が起こることもあるのです。

頭痛や吐き気、嘔吐や胸の張りなどはよく見られる症状です。眠気を感じることもあります。これらの症状は、トリキュラーを飲み始めた頃に頻繁に起こりますが、体が慣れてくると治まるのが通常です。飲み始めて2か月から3か月ほど経つ頃には、症状が落ち着きます。

3か月を経過しても副作用が治まらない場合は、体質に合っていない可能性があるので医師に相談する必要があります。別の種類の低用量ピルを処方してもらうと良いでしょう。

血栓症は低用量ピルの重篤な副作用ですが、発症するのは非常に稀です。トリキュラーも低用量ピルの一種なので血栓症が起こることがごく稀にあります。

発症すると血管中に血の塊ができて血流が止まってしまいます。脳や肺で発症した場合、体内に酸素を送ることができなくなります。

滅多に発症することはありませんが、知識を押さえた上でトリキュラーを使用することが大切です。胸の痛みや動悸の他にも呼吸の苦しさや冷や汗、失神などの初期症状があるので、見逃さないように注意しましょう。

トリキュラーを飲むと太るって本当?

トリキュラーを服用すると体重増加やむくみ、食欲不振や便秘などの症状が見られることがあります。

最近では、トリキュラーのように体への負担が少ない低用量ピルが主流となっています。以前は高用量・中用量のピルが使用されていました。それらは低用量ピルと比較して卵胞ホルモンの量が多いため、重い副作用を引き起こすリスクが高いです。

中用量・高用量ピルの副作用として体重増加があげられます。その影響で一般的に低用量ピルにも服用すると太るというイメージがあります。

しかし低用量ピルは卵胞ホルモンの量が少ないため、基本的に体重増加することはめったにありません。トリキュラーを使用して体重増加やむくみが見られる場合黄体ホルモンの増加によるものと考えられています。

低用量ピルは女性ホルモンの働きを利用して、体を擬似的な妊娠状態にします。黄体ホルモンには妊娠状態を維持する役割があります。このホルモンは他内の水分を保持したり食欲を増進させ、胎児のために水分や栄養を蓄えやすくします。

低用量ピルを服用すると、体質が妊娠と同じ状態になるため体重が増加したりむくむことがあるのです。

トリキュラーを服用するとイライラしたりうつになる?

トリキュラーを服用すると、副作用としてイライラやうつのような症状が見られることがあります。

女性の体には、ホルモンバランスの影響を強く受けやすいという特徴があります。低用量ピルは、一時的にホルモンバランスを妊娠に近い状態に変化させ、避妊を可能にする薬です。

ホルモンバランスが変化することで、精神的な影響を受けることが考えられます。ただし、ホルモンバランスが安定すれば様々な副作用は自然と治まります。

女性は閉経を迎える時期になると、卵巣から分泌される卵胞ホルモンの分泌量が大幅に減少します。

卵胞ホルモンが減少すると体内のホルモンバランスが急激に乱れ、イライラやほてり、めまいなど更年期障害の症状が起こりやすくなります。

トリキュラーは不足した卵胞ホルモンのを補う働きがあるので、更年期障害にも有効です。

閉経期前後の女性以外は、服用すると卵胞ホルモンが増えるため一時的に精神が不安定になる可能性が存在します。

一定期間にわたって服用を継続し、体が慣れれば症状は治まります。

更年期障害の女性の場合は、トリキュラーを服用することでホルモンバランスを整え、精神を安定させることができます。