トリキュラーの飲み方

トリキュラーの飲み方

トリキュラー28とトリキュラー21の飲み方をそれぞれ解説

トリキュラーにはトリキュラー21とトリキュラー28があります。違いは、薬効成分のない偽薬を飲む期間7日間があるかないかです。

偽薬はホルモンが含有されていない錠剤で、1日1錠飲むという習慣を継続させるためのものです。

休薬期間が終わり、次の薬を飲み始めるタイミングを間違えそうな場合はトリキュラー28を選ぶとよいでしょう。

いずれのトリキュラーも飲み方自体は簡単で、1日1錠を決められた順番で服用するだけです。飲む錠剤の順番が決められており、その順番はシートに記載されています。

もし飲み忘れたときは、飲むべき時刻から12時間以内の場合、前日分と当日分の計2錠飲めば大丈夫です。2日以上の飲み忘れがあったら新しいシートの1日目から再開しましょう。

なお、偽薬については飲み忘れても問題ありません。

飲み始めるタイミングは生理の初日が一般的で、服用初日から避妊効果が期待できます。

別の飲み方として、生理後の最初の日曜日から飲み始める方法があります。週末に生理日がこないようにできますが、避妊効果が確実ではなく、それまで別の避妊方法を行なうデメリットがあります。

トリキュラーで安定した避妊効果を得るための飲み方のポイント

トリキュラーは低用量ピルで、避妊を始めたいときに服用できるものです。一般的には生理日を基準にして服用を始める方法がポピュラーで、婦人科などでも勧められることがあります。

トリキュラーで近年人気の高い服用法はクイックスタート法です。

生理を待たずに好きなときに服用する飲み方ですが、使用時には一定の条件があります。それは前回の生理から服用を始める日の間に、一度も性交渉をしていないことです。

またクイックスタートを行う場合は、同じ種類のピルを使用することが重要です。全ての錠剤のホルモン含有量が一定で、服用ホルモンの量を一定に保つように服用する必要があるからです。

他にもデイワンスタートやサンデースタートと呼ばれる服用方法があります。いずれも正しい方法・同じ時間に服用するなど、用法を遵守しないと効果は期待できませんので注意が必要です。

トリキュラーを飲み始めるタイミングを解説!

トリキュラーはいくつか飲み方があり、生理の初日から飲む方法と2日目以降に飲む方法などがあります。生理が始まったとわかった日から服用を始め、1日1錠21日間飲んだ後、7日間の休薬期間に入ります。これ以降も効果を持続させる場合、29日目に次のシートを飲み始め、以降も同様です。

この方法で飲み始めた場合、避妊効果が発揮されるのは初日からです。これは薬の効果が強いということではなく、生理周期のタイミングが主な理由です。

このことを利用し、生理2日目から飲み始める方法もあります。

卵胞は生理初日から発達し始めますが、生理初日はこれがほとんどなく、妊娠する可能性はほぼゼロだと考えられます。

そのため2日目から服用することで避妊ができるという考えで服用するのです。

この方法は生理が始まったとわかった日の翌日から服用を始め、1日1錠21日間服用、その後7日間は有効成分がある錠剤を飲みません。

そして以降も避妊効果を持続させるなら、7日間の次の日から新しいシートを飲み始めて行くことになります。

トリキュラーによる避妊法は何も飲まない期間7日間があって、その流れで飲み忘れることも考えられます。従って飲み忘れをしたくないと考えるなら、成分が入っていない錠剤も用意されているトリキュラー28タイプをおすすめします。