トリキュラーの副作用・血栓症について詳しく解説

トリキュラーの副作用・血栓症について詳しく解説

トリキュラーの副作用で血栓症になる可能性がある

血栓症とは不健康の人だけがなるものではなく、薬の影響で起こる場合があります。

トリキュラーで生理を調整したり避妊したりできるのは、有効成分によって、身体が妊娠中と同様のホルモンバランスになるからです。

妊娠中は、体が出産に伴う大量出血で危機的状況になるのを防ぐため、血液が固まりやすい状態に変化します。成分が作用している間は、血管内に塊が生まれ、血流を悪くしたり完全に塞いでしまったりするおそれがあります。

長時間同じ姿勢でいたとき、血流が悪くなり血の塊が発生しやすくなる「エコノミー症候群」も血栓症の1つです。

血の塊が少しできたぐらいではあまり影響しません。しかし、血管に付着して大きくなった血栓が流れを完全に塞いだり、大きな塊が血管内を流れて肺をつまらせたりすると重篤な症状を起こすことがあります。

ドロドロ血ではない人も、トリキュラーでホルモンのバランスが変化すると、血栓症を起こす危険があります。

下肢の痛みや体のしびれ、ろれつが回らないといった症状がみられたらすぐにクリニックに行きましょう。

トリキュラーの副作用・血栓症はどういった人に生じやすい?

体質や健康状態によっては、トリキュラーによる副作用のリスクが高まります。

動脈硬化を起こしやすい高年齢の人、40歳以上の人、肥満により高脂血症を患っている人は注意が必要です。

これらの条件に当てはまる人は、もともと血栓症が起こりやすく、トリキュラーによってリスクが高まります。

若い健康な人であっても、水分不足だと血液がドロドロで、スムーズに流れにくくなってしまいます。

喫煙は血管の収縮を促し、血流を悪くします。習慣的に吸っている人は、血栓ができたときに、血管が詰まるリスクが高まるのです。

偏頭痛も血管が狭まっていることが原因で起こることがあるので、頻繁に頭痛がある人は注意が必要です。

高血圧の人や、血糖値が高くなりすぎたとき正常に戻す機能がうまく働かない耐糖能の低下している人も血栓症を起こしやすいでしょう。

家族が血栓症だった人は遺伝しやすく、ホルモンが原因で発症することがある子宮筋腫や乳がんの経験がある方は、トリキュラーの影響を受けやすくホルモンバランスがさらに崩れやすくなります。

副作用が出やすいのでむやみに使うのは避けて医師に相談し、体に合ったトリキュラーの使い方をしなければなりません。

トリキュラーの副作用・血栓症の前兆症状を知っておこう

血栓症が生じるとき、体に前兆症状が出ることが多いです。早めに異変を察知し対応できれば、重篤な症状に至るリスクを避けることが可能です。

おかしいと感じたら服用をやめ、必ずクリニックに行きましょう。処方してもらったクリニックに行くか、血栓症の対応ができる循環器内科に行きます。

服用した薬を持参、またはトリキュラーを飲んでいることをドクターにしっかりと伝えて診断を受けましょう。

腹部の痛みや胸の痛み、息切れしやすいという場合は、循環器内科がよいでしょう。

前兆症状は、ふくらはぎの痛み・腫れとなって現れることがあります。むくみとも違った感覚があって、場合によっては激痛を起こします。片足にだけ現れることが多いです。

手足に力が入らずしびれる、舌がもつれる、めまいが止まらないという場合は、脳外科に行ったほうが正しい処置をしてもらえます。

激しい頭痛を伴う場合も、脳に血栓ができている可能性が高いので、脳外科が適当です。

激しい頭痛やしびれの症状は、一度発生した後に治まることがあります。

血管を塞いでいた血栓が流れて、血流が回復する事があるからです。塊はそのまま血管内に残っているので、再びどこかの血管を塞ぐのは時間の問題です。症状が治まってもクリニックへ行きましょう。