トリキュラーEDってどんな薬?トリキュラーとどう違う?

トリキュラーEDってどんな薬?トリキュラーとどう違う?

トリキュラーEDは「海外製のトリキュラー」成分や製薬会社などの違いの有無は?

望まない妊娠を防ぐためにはコンドームの着用などなど、避妊をしっかりと行うことが大事ですが、女性側の対応もきちんと行っておきたいところです。

経口避妊薬は、毎日飲むことで避妊の効果を高めてくれる薬ということもあり、多くの女性が服用しています。

経口避妊薬にも色々な種類がありますが、トリキュラーもよく選ばれている薬のひとつです。

同じような名前の薬でトリキュラーEDと呼ばれるものもあります。別の薬であるのか、有効成分が違うのかと気になっている人もあるのではないでしょうか。

いずれの薬も同じものでバイエル薬品で製造販売されています。

同じ有効成分で効果効能も同じ薬と言えますが、トリキュラーEDは海外製ということが違いです。

有効成分は黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールとなっており、ホルモンの用量が三段階に変化する「三相性ピル」です。

従来のピルよりも副作用が抑えられており、それでいて避妊効果が高いということでも人気の高い薬です。

正しく飲むことで、高い確率で避妊できますが、避妊以外にも、生理痛の緩和や生理不順の改善効果があります。

トリキュラーEDは個人輸入で購入できる

海外医薬品であるトリキュラーEDは国内の処方よりも安く購入できます。どのように入手して良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

トリキュラーEDは、一般的な通販サイトでは販売されていません。購入するには、個人輸入を代行している通販サイトを利用する必要があります。そうしたサイトから注文すれば、輸入の知識や外国語が得意でないという人も簡単に注文できます。

サイトも日本語表記となっており、注文方法や決済方法も通常の通販サイトとほとんど変わりがありません。

安く購入できて、医療機関に通う手間がないのが魅力ですが、やはり注意しなくてはいけないこともあります。

ネット上には時には偽造薬が出回っていることもあります。偽造薬を飲んでしまうと、避妊できなかったり、重い健康被害を受けたりする危険性があります。

偽物を選ばないためには、信頼性の高い個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

たとえば、他と比べて極端に値段が安いサイトは注意が必要です。業者の実績や評判はしっかりと確認しておきましょう。

トリキュラーとトリキュラーEDでは購入方法が異なる?それぞれの購入方法を解説

副作用が少なく、避妊効果に優れているトリキュラーは世界でも広く使われている薬です。

トリキュラーは婦人科などの医療機関で購入できますが、保険が適用されません。そのため、費用はは決して安くはありません。

医師の処方ですので、間違いなく本物が入手できますので安全性の面でも問題はないといえるでしょう。

これに対して海外医薬品であるトリキュラーEDは、医療機関では取り扱いがありません。購入する場合は個人輸入という形をとることになります。

難しい手続きが必要というイメージもありますが、輸入の手続きはすべて業者が代行で行ってくれるので、特に知識は必要ありません。

通常のオンラインショッピングのように欲しい薬をカートに入れ、購入手続きを進めていきます。

国内の通販サイトの場合は、注文後は翌日など短期間で商品が届くことが多くなっています。一方、海外医薬品の個人輸入の場合は、海外からの発送となりますので、注文から薬の到着まではそれなりの期間が必要です。

それゆえ、薬が切れてしまったなどということを防ぐためにもある程度余裕を持って注文しておくことが大切です。

個人輸入代行業者は多く存在しますが、トラブルを避けるためにも信頼性の高い業者を選びましょう。