トリキュラーとヤーズの違いについて解説!

トリキュラーとヤーズの違いについて解説!

ヤーズとは第4世代の超低用量ピル

ヤーズは第4世代の超低用量ピルといわれています。

エストロゲンの含有量が非常に少なく、副作用のリスクが抑えられている点が特徴です。

中でもアンドロゲン作用と呼ばれる、男性化症状を引き起こす原因とされているエストロゲンが少ないほど安心して利用できるものとなっていますが、従来の物では様々な黄体ホルモンの影響でそのリスクが存在していました。

しかし、ヤーズは非常に安定性の高いものが使用されており、成分の中でも黄体ホルモンが少ないものとして注目されています。

ヤーズは1錠あたりの含有量が0.02mgとなっているため、これまでのビルに比べ非常にホルモンバランスを崩す要素が少ないのが特長です。

従来の第三世代までのピルは、一定量のエストロゲンを配合する必要があり、ホルモンバランスを崩すリスクがありました。

そのため医師の処方に従い用法用量を確実に守らないと副作用が発生するリスクがありましたが、そのリスクを減らすことができるものとして注目されています。

医薬品であるため医師の処方を遵守しなければならないものですが、安全性が高い点では非常に注目されているのです。

トリキュラーとヤーズはどう違う?

トリキュラーはバイエルが製造・販売している低用量ピルです。

有効成分として黄体ホルモン製剤レボノルゲストレルを使用したもので、第二世代ピルに分類されます。

トリキュラーでは副作用を抑えるためにホルモン量が3段階に調整されており、段階的に使用することで副作用のリスクが下がっています。

ヤーズは第4世代の低用量ピルで、卵胞ホルモンの含有量が最も少なく、安心して服用できるものとなっているのが特徴です。

効き目はトリキュラーよりも若干弱いともいわれますが、1相性であるためすぐに効果を実感でき、簡単に服用できるのがポイントです。

トリキュラーと同じバイエル薬品が製造元となっていますが、トリキュラーに比べ価格が高いのが難点となっています。

月経困難症と診断された場合には保険適用の対象となるため、この場合には比較的安い価格で入手することができます。

トリキュラーからヤーズに切り替えるには?飲み方や切り替え方を解説

トリキュラーからヤーズに切り替える際は、休薬期間をいつも通り取ることでスムーズに切り替えることができます。

これは他のビルの場合と同様です。

トリキュラー21錠タイプの場合には休薬期間を7日間置いてからヤーズに替えることになります。

21錠タイプの場合継続的に服用する場合でも7日間の間を空けることが必要となっているためです。替える薬の種類にかかわらず、トリキュラーの効果を完全に使い切るために必要なものとなっています。

28錠タイプの場合には継続してヤーズに替えることが可能です。

自分の服用しているものが21錠なのか28錠なのかによりその方法が異なるので注意をしなければなりません。

またヤーズを服用して体に合わないと思った場合や副作用が心配な場合には、再度トリキュラーに戻すことも可能です。

ヤーズは超低用量ピルであるため、トリキュラーの28錠の場合と同じように、休薬期間をおかずに替えることが可能です。逆に間を空けると避妊効果が薄れてしまう危険性があるので注意しましょう。