わたしでもここなら安心♡トリキュラーの通販

カップルの画像
トリキュラーが通販できると聞いても、どこで通販できるのか、いまいち分かりにくいですよね。オオサカ堂?ベストケンコー?楽天は?Amazonは?と、普段から利用していないサイトって何かと不安なものです。すぐ届くのかな?危険じゃないの?などなど、不安は尽きません。

そんな不安を一発で解決できるように、当ブログで実際にトリキュラーの通販を試してみました!

この記事では、トリキュラー通販に関する不安を払拭できるように、実際に通販してみて分かった「通販する前に知っておきたかったこと」を紹介します。おすすめの通販サイトやトリキュラーの使い方も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

トリキュラーの通販を徹底解説

トリキュラーが通販できる最安値は、1シートあたり1000円代前半から。注文してからは、早ければ1週間くらいで自宅に届けてくれます。

万が一、違法に販売を行う業者から購入してしまっても、あなたが逮捕されるようなことは、まずありません。危険な業者の見分け方も紹介します。

トリキュラーはどこで通販できる?

トリキュラーは処方せんが必要な医療用医薬品です。楽天やAmazonなどの通販サイトでの購入は不可能です。実際に、「トリキュラー」や「低用量ピル」などのキーワードで検索しても商品は出てきませんし、他の低用量ピルも結果に表示されません。

もし国内の通販サイトで商品の取り扱いがあるとしたら、違法に販売している個人や会社の可能性があります。万が一購入してしまっても、購入者側が逮捕されるようなことはないかもしれません。しかし、ピル自体の品質面に不安が残るため、手を出さないのが賢明です。

一方で海外の通販サイトなら取り扱いがある上に、個人の使用に限って、輸入することで入手が可能です。

例えば、アイドラッグストアーは日本に法人がある個人輸入向けの通販サイトで、安心の実績と信頼からおすすめできます。またあんしん通販マートも同様に、おすすめできる個人輸入の通販サイトだといえます。アイドラッグストアーもあんしん通販マートも、バイエル製薬の正規トリキュラーを取り扱っているので、利用の有力な候補となり得るでしょう。

楽天やAmazonほどの手軽さはないものの、個人輸入は正規のトリキュラーが合法的に手に入れられる魅力があります。個人輸入なら法的に問題ありませんし、処方せんがなくても処方せん医薬品が購入可能となります。

日本製のトリキュラーにこだわるのであれば、国内の医療機関で処方してもらう必要がありますが、そうでないなら海外通販サイトが狙い目となるでしょう。

通販のトリキュラーは安い?すぐ届く?

海外の通販サイトであれば、トリキュラーをお得に買うことができます。

トリキュラーの価格は、国内の医療機関で処方を受けるのに比べて、約半額程度ととてもリーズナブルです。

最安値は1シートあたり1000円代前半から。送料が無料となるサービスを合わせて利用すれば魅力的な価格となります

トリキュラーを注文してから何日で手元に届くのでしょうか?

それは注文先の処理と発送手続きや輸送日数によります。対応の早い通販サイトなら最短即日に入金を確認しますし、直ぐに発送手配をしてくれるでしょう。

海外発送から日本に到着するまで約3日、更にそこから国内郵送で数日掛かります。国際空港が近くにある関東圏などの地域であれば、国内輸送はせいぜい1、2日といったところでしょう。実際には天候や税関の手続きにもよりますが、大抵の場合は1週間から10日ほどあれば余裕で手元に到着します。

多少の日数は必要としますが、トリキュラーが手頃でお得に手に入るのは魅力的です。処方せん不要で送料無料の通販サイトが多いですし、最安値付近の価格なら処方してもらうケースと比較して約半額です。

通販を利用するメリットは、日本語対応の問い合わせ窓口を設けてサポートしていたり、豊富な支払い方法が選べるのもポイントです。

国内通販のように最短で即日とはいきませんが、それでも検討してみる価値はあります。

参考:チャンピックスの通販

通販のトリキュラーは偽物?本物?

海外通販サイトの多くが取り扱っているトリキュラーは、海外製の正規品と見ることができます。

日本語表記が間違っていたり、連絡しても返信がなかったり、怪しい通販サイトならその限りではありません。運営が日本法人だったり評価に問題がない通販サイトであれば、正規品として安全なトリキュラーを提供しています。

我々の安心を実現するために、なかには成分の分析結果を公表する通販サイトも存在します。安心安全に対する力の入れ具合が分かります。

日本製のトリキュラーは流石に海外通販だと手に入りませんが、同等の海外製なら取り扱っています。

ネットで知名度の高い個人輸入代行通販サイトなら、既に多くの利用者がトリキュラーを購入したり、実際に使って使用感を実感しています。感想は商品レビューに寄せられているので、通販サイトのレビューに目を通すと正規品が提供されているか簡単に判明します。

評価件数は多ければより安心できますし、外部ブログなどによる海外通販サイトのレビューにも目を通せば、特定の通販サイトや取り扱い商品の信頼性が判断できるはずです。

後発薬が大量に流通する医薬品なら偽物が紛れ込む可能性はあるでしょうが、信頼性の高い海外通販サイトが取り扱うトリキュラーなら、まず心配はないでしょう。

トリキュラーの値段・病院と通販

ちゃんとルールを守れば、通販(個人輸入)は本当に便利!トリキュラーを探して、診察や検査などの価格が分かりにくい自由診療を利用するよりも、通販の方がはっきり書かれているから悩まずに済みます。

海外から購入でも関税はかかりませんし、トリキュラー以外にも女性に嬉しい商品がいっぱいです!

トリキュラーの処方費用

トリキュラーの価格を知るうえで注意しておきたいのは、トリキュラーの処方は「自由診療」で行われる点です。自由診療とは、病院やクリニックが薬代から診察料まで、価格を自由に決められる診療方法。医療機関ごとに価格が異なるのです。

まずは薬代から見ていきましょう。あくまで一般的な病院の例では、ワンシート(いわゆる1か月)分の薬の費用は、2,000円から3,000円程度が目安となります。ピルの処方数が多い「ケイ・レディースクリニック新宿」では、3,240円で処方してもらうことができます。

どこの医療機関も同じかと思いきや、処方価格には意外と幅があります。クリニックによってはホームページ上などに費用が掲載されているので、不安がある方は事前にその価格を確認したうえで、利用するクリニックを決めると良いでしょう。

次に診察料を見ていきましょう。病院で処方を受ける場合は、薬の費用だけで済むわけではない点には注意が必要です。ひとことで診察料と言っても、初診料や診察費用、さらには検査費用などが合わせて請求される場合があるからです。

一般的に初診料は1,000円、再診料が500円ほどを請求される場合が多いです。病院のなかには1年に1度、あるいは本人が希望する場合に限って診察を行う場合もあるので、治療方針も病院によって異なる点には注意が必要です。

どこのクリニックを利用するかによって、トリキュラーを入手するためにかかる費用の総額は、大きく異なってくるのです。医療機関ごとの違いを理解したうえで、ご自身が納得できるクリニックを利用するようにしましょう。

トリキュラーの通販価格

トリキュラーを入手することができるもう1つの手段として、海外から個人輸入をするという方法があります。

個人輸入というと、複雑で面倒な手続きが必要になるから、気軽に利用できない存在、というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、昔はそうだったかもしれませんが、今はそのようなことはありません。

自宅はもちろんのこと、出先であってもスマートフォンがあれば、日本語の通販サイトで商品を購入できます。楽天やAmazonを利用するのと同じ感覚で、海外から個人輸入ができるのです。

個人輸入を気軽に利用できる通販サイトにはさまざまなものがあります。たとえば有名どころの「あんしん通販マート」からトリキュラーを購入する場合、薬代は1,580円です。クリニックで処方される場合に比べ、非常に低価格で済みます。また、海外からの購入することになるものの、関税も不要です。

商品代金に加えて送料がかかる点には注意が必要ですが、あんしん通販マートなどでは「7,000円以上で送料無料」などのサービスを提供しているところがほとんどです。まとめ買いを上手に活用すると良いでしょう。

支払い方法も、銀行振り込みだけではなく、クレジットカード決済やビットキャッシュ決済、コンビニ決済と身近なところで支払うことができる点も大きな魅力です。ぜひとも最安値でその商品を手に入れてみてはいかがでしょうか。

トリキュラーを通販する前のチェックポイント

ここまで、トリキュラーを購入する場合の、病院の値段と通販の値段を見てきました。商品は同じトリキュラーであっても、入手する方法によってかかる費用が大きく変わってくるという点には注意が必要です。

割高な価格がデメリットであるものの、商品の品質が確実に保証されている点が、病院で処方してもらうメリットと言えるでしょう。

通販は価格の安さが最大のメリットです。しかし、残念ながら中には詐欺サイトと呼ばれるサイトも潜んでいる点は覚えておいてください。

インターネット上でも評判の多いサイトを使用している限り、個人輸入でトリキュラーを購入する行為に、リスクが伴うことは少ないでしょう。しかし、日本語の使い方が不自然なサイトや違法な薬物の取り扱いがあるサイトなど、不審な点がある通販サイトからの購入は絶対に避けましょう。

海外製のトリキュラーは、シートの裏面に使用期限が印字されており、見慣れた日本製のものとは記述が異なります。裏にはロットナンバーなどの印字に加えて製造年月日は「MFG」と、使用期限は「EXP」とともに記載されているので、利用前には期限内の商品か、事前に確認するようにしてください。

両者を比較した場合、ご自身でしっかりと確認さえすれば基本的に「通販購入」の方がお得と言えます。

トリキュラーを通販するときの注意点

トリキュラーを通販(個人輸入)するときに注意したいのは、商品の発送から到着まで1週間ほど時間が掛かること。正規の業者は海外から商品を発送するので、どうしても配送日数がかかります。個人輸入代行サービスを安全に使うコツも紹介します。

トリキュラーは即日発送される?

トリキュラーを日本国内から即日発送してくれるところは、必ず「疑わしい販売者」と考えましょう。というのも、トリキュラーを通販できるのは海外からに限るからです。注文から発送、到着まで時間が掛かるのが当たり前なのです。

薬局やドラッグストアで市販されていない医療用医薬品は、海外から輸入します。個人輸入代行サービスを利用することになるのです。

ヤフオクやメルカリなどで、トリキュラーを含めた海外製の医薬品を販売するのは、れっきとした違法行為です。購入するのもNGですから、仮にもしヤフオクやメルカリで見つけても、決して手を出さないことが大事です。

海外の通販サイト(個人輸入代行)なら、条件付きで注文が可能です。ヤフオクやメルカリなどで違法に販売されている商品に手を出さなくても、トリキュラーを入手できるのです。条件も簡単で、個人が使用する分に限って注文できること、1回あたりに注文できる上限があることなどです。

とはいえ、個人輸入をイチから行うと、海外の業者と現地の言葉で、直接やり取りをする必要があります。これはなかなかハードルが高い手続きですよね。その面倒なやり取りを代わってくれるのが、個人輸入代行サービスなのです。

個人輸入代行サービスのWebサイトは日本語に対応しているうえ、トリキュラーだけでなく、他の海外製医薬品も手に入ります。もちろん自己の責任において利用することが原則です。

通販で購入したトリキュラーの決まりごと

海外通販で購入できるトリキュラーは、購入者本人が使用する場合に限って注文が許されています。患者にトリキュラーの処方を行う医療関係者なら別ですが、個人的な用途においては自身が使用する分だけ、注文ができる決まりです。

また、1回の注文は1か月分までという上限があるので、これを越えて大量に入手することも不可能です。利用上限は、譲渡や転売、大量の服用などを防ぐのが目的で、普通に使用するだけなら不足する恐れはないはずです。

これらのルールは厚労省により決められていますから、販売する側も購入する側も厳守する必要があります。

万が一発注時に間違えてしまった場合は、速やかに注文先に伝えて数量を変更してもらいましょう。

変更が間に合わず、輸入量の上限を超えて発送された場合は、商品が税関で止められたり、没収される恐れがあります。こういった行為を何度も繰り返すようだと、あなた名義での輸入そのものが難しくなったりしますから、輸入量のルールはしっかりと守ることをおすすめします。

最後に、繰り返しになりますが、他人への譲渡は明確な違法行為です。例え家族や友人に欲しいと言われても渡すのは禁物です。ましてや転売などはもっての外ですから、オークションやフリーマーケットサイトなどで出品しないようにしましょう。

怪しい通販サイトのチェックポイント

通販サイトすべてが、正規ルートの医薬品を取り扱っているとは限りません。怪しい通販サイトはそれだけでリスクの恐れがあるので、ポイントを踏まえつつ注文先を選ぶことが肝心です。

運営者情報は相手を知る基本中の基本です。経営を行っているのが個人か法人か、それをまずチェックするのが良いでしょう。

次に値段の相場にも目を向けてみましょう。いくつかのサイトを見比べてみて、相場よりも極端に安過ぎないか、確認するのが得策です。割引キャンペーンなどの理由があるなら別ですが、相場価格よりあまりにも安い商品は偽物の可能性を疑いましょう。

他にも、サイトに記載されている日本語の内容が不自然だったり、問い合わせに返答がないときも要注意です。また、連絡先の記載がないのは論外ですから、必ず問い合わせ先や所在地があるか、運営者情報を確認しましょう。

逆に安心できる通販サイトは、運営者情報が明確な上に、誰が販売責任を負っているか、代表者名の記載があります。個人が運営することはまずありませんし、法人名でどういった企業が手掛けているかが分かるものです。

当然ながら、企業名を調べれば評判などの情報が出てきますし、さらに信頼できるかどうか判断材料が得られることになります。

値段は相場付近だと多少安くても怪しいとはいえず、他の情報と合わせて信頼性を判断することが必要です。

取り扱い商品を独自に成分分析している通販サイトなら、運営者の信頼性や価格に加えて、商品についても信頼が置けるでしょう。

通販のトリキュラー、病院のトリキュラー、何が違うの?

国内版トリキュラーと海外版トリキュラーには、有効成分の違いはありません。医薬品の含まれる添加物が多少異なるものの、気にするほどの違いありません。強いて違いを上げるなら、パッケージや取扱説明書(添付文書)などが、英語で記載されていることくらいです。

トリキュラーの国内版と海外版の違い

トリキュラーは、処方せん薬の国内版だとバイエル製薬、海外版はインドのSCHERING社という製薬会社の違いがあります。製薬会社が異なるので、当然ながらパッケージも違いますし、添付文書の有無にも差が存在します。

国内版は日本製で、パッケージには日本語で「トリキュラー」の表記があり、添付文書に加えてガイドブックなどが付属します。計画的な服用に欠かせないカレンダーやシールがついているので、初心者にも安心なのが魅力的です。国内版は、三つ折りの台紙にシートが貼りつけられているタイプで、便利に服用できるようになっています。

通販で買える海外版は、スリーブにシートが挟んであるだけで簡素です。付属物はなく添付文書すらついていません。

トリキュラーは国内版も海外版も、有効成分自体は同様なので、期待できる働きや作用も同等です。違いを上げるなら、有効成分以外の配合成分(添加物)が異なります。主成分以外は作用に影響するほどではないので、正規品を服用する限り、過剰な心配は要らないと考えられます。

パッケージの印刷品質やシートの作りなど、細かく比べれば違いはまだまだありますが、医薬品そのものとしての基本的な違いはありません。

トリキュラーは21と28で何が違う?

トリキュラーは「トリキュラー21」と「トリキュラー28」という、2種類の商品が用意されている低用量ピルです。2つの数字の違いは、パッケージに含まれる錠剤の数で、当然ながら前者は21錠後者は28錠という意味です。

端的にいえば錠剤の数の差ですが、後者には前者に加えていわゆる偽薬が含まれています。偽薬はトリキュラーの有効成分を含まず、服用しても薬として働かず、良くも悪くも影響を与えないものです。

偽薬は、トリキュラーの服用において、休薬期間中に服用する為のものです。錠剤は白色で、成分入りのものよりもやや大きく、ひと目で違いが分かるようになっています。

トリキュラーは毎日1錠ずつ、ペースを守って飲む必要がある医薬品です。飲み忘れたり飲み始めのタイミングがずれないよう、有効成分を含まない錠剤が加えられています。

トリキュラーは21も28も、薬の有効成分自体は同等ですし、ペースを守って服用するのも同じです。海外通販では、「トリキュラーED」というタイプも販売されていますが、これも有効成分の内容は同等です。

通販ではどちらのタイプも販売されているので、希望に合わせてどちらでも購入できるといえます。飲み方のポイントや気をつけるべきポイントは同じなので、基本的な服用方法を理解してから飲み始めることが大事です。

通販できる海外版トリキュラーの注意点

海外で販売されるトリキュラーは、厚労省から認可された製薬会社が、国内向けに販売する商品とは異なります。

もちろん「有効成分は同じ」なのですが、添加物には違いがあります。アレルギー等の関係で体に合わない可能性も考えられます。

海外通販では、個人輸入代行サイトで購入する際の注意点もあります。

商品があまりにも安かったり、パッケージの表記が怪しげな商品を扱う個人輸入代行サイトは、本物ではなく偽物を取り扱っていることが疑われます。

注文する際には、個人輸入代行サイトが解説する、日本語の成分表や使用上の注意に目を通して、良く理解することが大切です。

注文後に商品が手元に届いた際には、パッケージに破損がないか、医薬品の使用期限は切れていないかなどを確認しましょう。たいていのケースでは、商品に破損や使用期限の不備があれば交換してくれます。購入後のサポートにも期待できるサイトが狙い目です。

海外版のパッケージは英語表記ですし、添付文書はついてこない商品もあります。英語表記だから内容が理解できない、添付文書がついていないから用法用量を確認しない、これでは服用上の注意点が分からないのでリスキーです。

海外版は国内版と違いがあると理解した上で、破損したり使用期限が切れたトリキュラーは使用せず、未開封で安全を確認できるものを服用することが肝心です。